top5google

生活に役立つキュレーションマガジン

雪道でスタックした場合の脱出とおすすめ道具

      2014/12/06

本格的な冬到来!
天気予報に雪マークがついている日も増えてきました。
雪が降るとワクワクするわたしですが、困るのが車の運転…。
慣れない雪道の運転はドキドキヒヤヒヤしながら、というわたしのようなドライバーも多いと思います。
今回は雪道の運転、スタックしたときの対処について調べてみました。
IMG_8211.JPG

 

慣れない雪道でスタックしたときの脱出方法とは

冬の間ずっと雪が積もっているような地域に住んでいれば別ですが、雪道の運転は年に数回のこと…という人も多いでしょう。
細心の注意を払っていても、トラブルが発生してしまうことはよくあります。
雪道でのトラブルの代表が「スタック」ですね。
タイヤが空転し、埋まってしまい、動けなくなることを「スタック」と言い、ます。
「スタック」と一言に言っても、いろいろな状況があります。
スタックしてしまった場合、まずはどういう状況なのかを把握しないといけません。
いちばん多いのがスリップ、また新雪にはまってしまい動けないという状況でしょうか。

Sponsored Links


その場合は、タイヤ周りの雪を踏み固めます。
スコップがあれば、周辺の雪も取り除きましょう。
そしてゆっくり車を前後に動かし、振り子のように反動をつけてから、やや勢いをつけて発進すると良いでしょう。
それでも脱出できない場合は、タイヤと雪の間に板や布、チェーンなどを入れ、ゆっくりと発進してみましょう。
FR車の場合は、後部座席に何人かに乗ってもらい、駆動輪の荷重を高めるのも有効な手段です。

IMG_8206.GIF

 

雪が降る前に用意しておきたい道具

備えあれば憂いなし!
雪が降る前に準備をしておきましょう。
先ほども書いたとおり、スタック脱出のためにタイヤと雪の間に布を挟むと有効です。
手軽に準備できるものとして、毛布を一枚、車につんでおきましょう。
また、スコップ、牽引用のロープもあると便利です。
スコップは折りたたみ式でも丈夫なものがでています。
牽引用のロープは、車同士で引っ張ってもらえます。こちらもあると大変便利です。
これらの道具はそこまでコストもかからず、またかさばらずに車に常備できます。

IMG_8207.JPG

 

どうにもならないときはどこに電話すればいいの?

自分でいろいろとやってみたものの、どうしても脱出できない…という場合、無理はせずプロにお任せするのも方法です。
いちばん有名なのはJAFですね。
会員になっているという人も多いでしょう。
JAFは年中無休、24時間、日本どこでもかけつけてくれるので助かります。
また、入っている任意自動車保険会社のロードサービスも使えるかもしれません。
自動車保険にどんなサービスがあるか、いまいちど確認してみてくださいね。

IMG_8212.JPG

 

いかがでしたか?
雪道に慣れていない人は、できるだけ雪の日は運転をしないほうが無難かもしれませんが、そうもいかないときもありますよね。
雪が降る前に、しっかり備えて慌てないようにしておきましょう!

 - 防災,

Sponsored Links

  関連記事

雪の日の子供 小学生に着せたい服装は?

私の住む地域ではあまり雪が降ることはないのですが、子供たちは、雪が少しでも積もる …

来週は寒波襲来 影響と対策

寒い!本格的な冬の到来ですね。 ニュースを見ていると、どうやらものすごいヤツが日 …

カーポートの雪対策 その方法は?

冬本番となってきました。冬になると気を付けないといけないのが、雪による被害。最近 …