top5google

生活に役立つキュレーションマガジン

カーポートの雪対策 その方法は?

   

冬本番となってきました。冬になると気を付けないといけないのが、雪による被害。最近では首都圏エリアでも大雪によって”カーポートが壊れてしまった”という被害が増えています。そこで、今回はカーポートの雪対策 その方法についてご紹介します。

 

雪が降らない地域でも対策は必要!?

ŽÔ‰Ÿ‚·l‚½‚¿

近年の異常気象によって、首都圏でも大雪になったりするなど、普段雪が降らない地域でも、いつ大雪に見舞われるか分からなくなってきました。雪国の人は慣れていますが、普段雪が降らない地域の人たちは雪に慣れていないので、車はスリップして事故が多発したり、路面が凍って転んでけがをしたりと大雪によって大パニックになっているようですね。雪かきをするにも道具さえ揃えていないので除雪をするのも一苦労。このようなことからも、雪が降らない地域でも、雪に対する対策は必要なようですね.

Sponsored Links

 

カーポートが壊れた場合、車の被害は補償される!?

3678c3af3bcd289505621a06c29e2ced6ad232d6_95_2_2_2

2014年2月の大雪は、関東甲信の住民の方にさまざまな損害を及ぼしました。一番多かったのは、雪の重みでカーポートの屋根が落下する被害でした。カーポートだけでなく、雪が積もった屋根の落下により保管中のマイカーが損害を受けるケースも見られました。これまで、経験のなかった損害だけに、保険が利用できるのか疑問に思う方も多いとは思いますが、カーポートが壊れて車が被害を受けた場合は、車両保険により補償を受けることが出来るようです。

 

家のカーポートの被害がお隣に!?どうすれば!?

 

大雪による被害は自分の家だけでなく、隣家にも及ぼすことがあります。もし大雪による自宅への被害がお隣にも及ぼした場合はどうすればいいのでしょうか?賠償を請求された側は「原因は雪だから損害賠償責任はない」と考えがちですが、必ずしもそうとは言えないようです。民法717条の「土地の工作物等の占有者及び所有者の責任」では、一定の物の所有者または占有者は、その物から生じる損害について責任を負うべきであるとされています。お隣同士ですので理想は話し合いがで解決できればいいのですが、難しい場合は弁護士に相談してみるとよいでしょう。また、多くの火災保険は、雪による被害を補償対象に含んでいるので、保険会社に問い合わせしてみてくださいね。

 

早めの対策が大事!こんな方法がありますよ

大雪になる前に早めの対策が大事です。カーポートの大雪対策にはこんな方法があります。

◎基本的には屋根に20cm以上の雪をためないこと。

カーポートの説明書に、そのカーポートの耐えうる積雪量が書いてありますので、把握しておきましょう。

◎カーポートを仮支柱で補強する

RIMG3082

出典 http://www.forest-studio.jp

何事も早めの対策が必要ですね。

 

屋根の雪がカーポートを壊した場合は、保険対象?

aea7498f

大雪の被害には、屋根の雪が落下したことによってカーポートが壊れたケースも多数あります。カーポートは住宅の火災保険の附属設備という位置づけですので、家財保険の対象ではなく、住宅本体で入っている火災保険の対象になります。ですが、全ての火災保険が対象になるわけではないので、必ず契約書をご確認ください。建物の火災保険の契約書に附属設備を含む、物置、車庫等も含む等と記載されていれば対象になります。

 

近年の異常気象によって何が起こるか分からない今日この頃です。「うちは大丈夫」なんて思わないで!日頃から対策はしておきましょうね。

 

 - 防災,

Sponsored Links

  関連記事

IMG_8206-0.GIF
雪道でスタックした場合の脱出とおすすめ道具

本格的な冬到来! 天気予報に雪マークがついている日も増えてきました。 雪が降ると …

IMG_8227-0.JPG
来週は寒波襲来 影響と対策

寒い!本格的な冬の到来ですね。 ニュースを見ていると、どうやらものすごいヤツが日 …

103
雪の日の子供 小学生に着せたい服装は?

私の住む地域ではあまり雪が降ることはないのですが、子供たちは、雪が少しでも積もる …