top5google

生活に役立つキュレーションマガジン

2015年のお彼岸はいつ?意味とお花について

      2015/01/08

「お彼岸」というと言葉は知っていますがなかなか正しい意味や何をする日なのか…というのは知っているようで知らない…って人も多いと思います。
今回は「お彼岸」について調べてみました!

Sponsored Links

お彼岸の意味とは?

お彼岸には3月の「春彼岸」と11月の「秋彼岸」があります。
季節の変わり目であることから、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もありますね。
太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。
「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれています。
煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るということなんだそうです。
さてさきほど、春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「お彼岸」と呼ぶ、と書きましたが、この7日間というのにも、ちゃんと意味がるんだそうです。
最初の3日は父方の先祖の供養、後の3日間は母方の先祖の供養、そして、中日は水子や子どもの供養をする日となっています。

IMG_8850.JPG

 

お彼岸の作法とは?

お彼岸を迎えるに当たって、どのような準備、心構えが必要なのかを紹介します。
☆お仏壇、仏具の掃除
☆お墓の掃除
☆供花やお供え果物、菓子などの他、精進料理をお供えする (春は牡丹の花にちなんで牡丹餅(ぼたもち)と言い、秋は萩の花にちなんでおはぎと言います)。
現代では現金を包むことを指す「お香典」ですが、本来はお香(お線香)を届けたことに由来します。
お仏壇やお墓にお参り出来ない時や、他家に伺う時はお供えの他にお線香を届けましょう。
☆お墓参りするときは事前にお寺様または、霊園の管理事務所等に卒塔婆をお願いしておきます(宗派によっては不用のところもあります)。

IMG_8857.JPG

 

2015年のお彼岸の時期はいつ?

【春彼岸】
彼岸入り…3/18
中日(春分の日)…3/21
彼岸明け…3/24
【秋彼岸】
彼岸入り…9/20
中日(秋分の日)…9/23
彼岸明け…9/26

お彼岸のお花とは?
お彼岸にお供えするお花はどんなものが良いのでしょうか?
お墓にお供えするお花は菊のイメージが強いですが、決まりがあるわけではありません。
白、淡い色の花、白百合や胡蝶蘭、トルコキキョウ、カーネーションなどの見た目にも清楚な印象の種類のものが一般的です。

IMG_8856.JPG

いかがでしたか?
なかなか深い意味までは知らない人の多い「お彼岸」。
今日を生きている幸せを、ご先祖様に感謝する日です。
大切にしましょうね。

 - お彼岸

Sponsored Links

  関連記事

関連記事はありませんでした