top5google

生活に役立つキュレーションマガジン

寒い冬の入浴はヒートショックに注意!

   

みなさんは「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?あまり聞きなれない言葉ですが、ヒートショックが原因で亡くなる方は年間1万人以上、家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1を占めると言われています。そこで今回は寒い冬の入浴に注意が必要な「ヒートショック」について紹介します。

Sponsored Links

「ヒートショック」とは?

温度の急激な変化によって血圧が上下に大きく変動することが原因となって失神や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞などの健康被害を起こすことです。冬は暖房をしていない脱衣室や浴室では、室温が10度以下になることが多く、寒い脱衣室で衣服を脱ぐと、急激に体表面全体の温度が10度程度下がります。すると寒冷刺激によって血圧が急に上がってしまいます。この血圧の急上昇が、心筋梗塞、脳卒中を起こす原因のひとつとされています。また、一度急上昇した血圧は、暖かい湯につかることによる血管の拡張で、反対に急激に低下します。この急激な血圧低下は失神を起こす原因となっています。失神し、溺れて死亡するケースは、入浴時のヒートショックの典型的な例となっています。

thCBAR4NPP

 

ヒートショックに気を付けないといけないのは?

heatshock-1

年齢:65歳以上

持病:動脈硬化が進行(狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞の方)

肥満、メタボリックシンドローム、さらに高血圧、糖尿病

不整脈がある

入浴の習慣:一番風呂、または深夜の入浴、一人で入浴

飲酒後、食後すぐ、薬を飲んだ直後の入浴

熱いお風呂に、首までつかり長湯する(42℃以上)

居住空間:築年数が経過した家、浴室がタイル張りで窓がある

居間、浴室、トイレなどが離れている

★当てはまるものが多いほど危険です。

 

ヒートショック対策

4_2_bath_drier_05

◎脱衣所や浴室、トイレの暖房器具設置、断熱改修

冷え込みやすい脱衣所や浴室、トイレを暖房器具で温めること。また、断熱改修によって、外気温の影響を最小限に抑えることができます。浴室をユニットバスに改修することでも断熱性は向上します。

◎シャワーを活用してお湯をはる

高い位置に設置したシャワーから浴槽へお湯をはることで、浴室全体を温めることができます。

◎食事前後、飲酒時の入浴は控える

食後1時間以内や飲酒時は、血圧がさがりやすくなるため、入浴は控えたほうが良い

◎湯温設定は41℃以下

お湯の温度を41℃以下にして、温めすぎないようにすると、急激な血圧低下を防げます。

 

いかがでしたでしょうか?知っていれば防げる「ヒートショック」ですので、高齢者が居られるご家庭では、しっかり対策してくださいね。

 

 

 

 - 病気の知識, 美容と健康

Sponsored Links

  関連記事

登山でファッション!メンズもおしゃれにコーデ

おしゃれな登山女子を”山ガール”というように、メンズも登 …

海外で大人気のココナッツウォーター!デトックス効果は?

みなさんは、「ココナッツウォーター」をご存知でしょうか?マドンナが火をつけたとい …

冬は体を温めよう!体操編

暑い夏が終わり、いつの間にか秋が来て、そしてもう冬です。夏の暑さは体をだるくさせ …

多汗症の原因とは?タバコ、高血圧、ストレスとの関係

人間の体は、体温を一定に保つために汗をかいて体温調節をしています。が、必要以上に …

冬は体を温めよう!食べ物編

さて、「体を温めよう!」シリーズでお話しをしておりますが、今回は体を温める食べ物 …

受験の風邪対策!予防と対処法

受験 風邪 対策 秋の訪れを感じる季節となりました。 受験シーズンが近づいてきま …

乳児の予防接種の順番(スケジュール)

最近、驚いたことがあります。それは、乳児の予防接種の種類や回数が、数年前よりもグ …

酵素ドリンクおすすめランキングベスト10

ダイエットの特集などで目にする「酵素ドリンク」、これはいったいどんなものなのでし …

冬の脱水症状対策 むくみ予防と風邪予防にも最適な方法とは?

夏に「脱水症状」を起こしたことはありませんか?脱水症状といえば、夏をイメージしま …

多汗症の手術方法とは?治療費と保険対応について

多汗症の治療法にも塗り薬や飲み薬などいくつか種類がありますが、それでも効果が得ら …