top5google

生活に役立つキュレーションマガジン

多汗症の手術方法とは?治療費と保険対応について

   

多汗症の治療法にも塗り薬や飲み薬などいくつか種類がありますが、それでも効果が得られない場合には手術も必要とされてきます。そこで今回は多汗症の手術方法や治療費また保険対応について調べてみました。

Sponsored Links

多汗症の手術方法とは?

★ETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)

手のひらの多汗症に効果がある手術。腋の下に数ミリの穴をあけ、内視鏡で確認しながら交感神経を切断する。手術自体は簡単で30分程度で終わり、病院によっては日帰りでも出来る。傷口も小さく、痛みも少ないが代償性発汗(手のひらの汗が出なくなる代わりに顔や頭など他の場所から出る汗が多くなる)などの副作用が出ることもある。

★腰部交感神経節ブロック

足の裏の多汗症に効果がある手術。足裏の交感神経にブロック針を刺し、アルコールなどの薬液を注入することで、汗を出せという命令をブロックする。絶大な効果はありますが代償性発汗や射精障害などの副作用がでることがある。

★剪除法

wakiga_01

出典 http://www.keisei.ne.jp/

本来はわきが治療に用いられる方法ですが、多汗症にも効果あるとされています。腋の下を3~4cm切開し、アポクリン腺を完全に取り去る手術です。手術時間は2時間程度で終わり、再発の可能性もほぼないといわれていますが、色素沈着や傷痕が目立ってしまうことがある。

多汗症の手術費用はどのくらい?

th2DV3QZG2

多汗症の手術方法は分かりましたが、費用はどうなっているのでしょうか?

ETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)では10万円前後、剪除去では5万~10万円程度かかるようです。

多汗症の手術は保険がきくの?

thPP2K1ZJH

手術の種類によっては保険適用となっています。前述したETSでは健康保険が適用され10万円前後となり、剪除去では保険適用で5万円以下となるようです。また、高額医療費の手続きをすれば、一定額のお金も戻ってきますので詳しくは加入の健康保険の窓口へご相談ください。

多汗症を手術以外で治す方法は?

 

もちろん手術以外にも多汗症を治す方法はいくつかあります。その中には塗り薬や飲み薬、ボトックス注射、レーザー治療などもあります。手術は副作用もあり、決して安いとは言えない費用もかかります。手術は最後の手段と考えてまずは手術以外の方法での治療を始めましょう。

いかがでしたでしょうか?手術となると、やはりなかなか勇気がでませんが、よく考え、医師と相談してください。

 - 病気の知識, 美容と健康

Sponsored Links

  関連記事

40代の美容のお悩みは

 ~40代の美容のお悩みは?~ 40代になって急にお肌の調子が悪くなった。という …

乳児の予防接種の順番(スケジュール)

最近、驚いたことがあります。それは、乳児の予防接種の種類や回数が、数年前よりもグ …

酵素は健康にいい?ダイエットにいい?酵素の効果・検証まとめ

テレビやインターネットで見聞きすることが多い「酵素」、さてこれはどんなものなので …

冬は体を温めよう!食べ物編

さて、「体を温めよう!」シリーズでお話しをしておりますが、今回は体を温める食べ物 …

酵素ドリンクおすすめランキングベスト10

ダイエットの特集などで目にする「酵素ドリンク」、これはいったいどんなものなのでし …

ノロウィルスとロタウイルスの違いは?症状と対策

毎年冬になるとインフルエンザと同じように流行し困らせてくれるのが「ウイルス性胃腸 …

多汗症やワキ臭によるいじめ 対策方法とは?

多汗症やワキ臭に悩むのは大人ばかりではありません。子供でも多汗症やワキ臭があるん …

シミやそばかすを消す魔法の化粧品とは?口コミとランキング情報

このシミさえなければ……!なんて思うことがある私です。どうにかシミを消したい!そ …

その症状 更年期障害かも?

女性の体は年齢とともに変化するもの、40~50代の女性の気になるのは更年期のこと …

脇の黒ずみの原因は?解消方法と夏対策とケア方法

夏になると気になるのは、脇の黒ずみ。脇の黒ずみを気にして夏が楽しめないなんてもう …