top5google

生活に役立つキュレーションマガジン

カラオケが上手くなるコツとトレーニング

   

飲み会の二次会に「カラオケ」は定番ですよね。「カラオケがもっと上手かったら…」っと思う事はありませんか?そこで今回はカラオケが上手くなるコツとトレーニング方法を紹介します。

Sponsored Links

カラオケが上手くなるコツってあるの?

dressed-fleur_model

カラオケが上手くなる今すぐ実践可能なコツを紹介します。

①暖かい飲み物を飲む

カラオケでは冷たい飲み物をオーダーしがちですが、喉を冷やすと声帯が硬直し、いつもどおりの声がでなくなってしまいます。

喉はなるべく温めましょう。

②ココアやミルクなどの喉に膜を張る飲み物や炭酸は避ける

喉に膜を張る飲み物は声帯が開きにくくなります。また、炭酸は喉を冷やすだけでなくゲップの原因となります。

③ストレッチ

さりげなく舌で頬の筋肉を押して柔らかくしておきましょう

④顎を引いて喉を開く

イメージで 顎が挙がると喉が閉まってしまいます

⑥お腹から声を出して

カラオケが上手くなるコツには、腹式呼吸が大事です。腹式呼吸の練習をしていれば、声量アップや音域が広がります。

あとは選曲ですが、バラードよりもアップテンポの曲のほうが上手く聞こえるのです。バラードは音符が少ない分、表現力が問われる難しい曲です、ノリのいいアップテンポな曲を選んでみんなで盛り上がりましょう。

自分でできるボイストレーニングとは?

カラオケが上手くなるためにはボイストレーニングも大切です。ここでは、自宅でできるボイストレーニングを紹介します。

「リップロール」

1、軽く口を閉じる

2、口を開けて息を吸う

3、口を閉じ唇を少し突き出し閉じた唇の間から息を出して唇を「ブルブル」振動させる

4、3が続くようになったら「う~」と歌うように声帯を反応させながらリップロールを行う。息が続かなかったらブレスは必ず口を開けて吸うこと

5、さらにトレーニングをしたい方は、4の状態にド~、シ~と音程をつけて長くのばしながら各音でリップロールを行ってみる 。

この方法は、声帯周辺の血流がよくなるので、なめらかに発声することができるようになるそうです。ぜひ、続けてみてくださいね。

 

ボイストレーニングのスクールに通って本格的に学ぼう

th129RO06Q

自宅でボイストレーニングをしていて、正しくできているのか自信がもてなかったり、もっと本格的にボイストレーニングをしてみたいと思うならボイストレーニングのスクールに通って本格的に学ぶのをおすすめします。スクールに通うと、細かい指導が受けられて、効率よく上達できますよ。

 

いかがでしたか?トレーニングは日々の積み重ねが大事です。実際に実践してみてカラオケ上手になってくださいね。

 - 学び , ,

Sponsored Links

  関連記事

読み聞かせ
絵本の読み聞かせとおすすめ

絵本 おすすめ 読み聞かせ 本の好きな子どもになってほしい…そう思われるお父さん …

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s
5月2日は緑茶の日!緑茶の効果は?

5月2日は「緑茶の日」だということをご存知ですか?八十八夜がこの時期であることに …

119291
子供用浴衣の作り方 型紙や手縫いの方法やリメイクとは?

夏の装いといえば、みなさんは何を思い浮かべますか?私は「浴衣」です。夏祭りやイベ …

104732
小学生・中学生の勉強方法と親の干渉その1

お子さんの学力でお悩みのお父さん・お母さんは多くいらっしゃることでしょう。かく言 …

dcb7c49b9e9314b707ad7ffa85ad7bc9_s
雪だるま・ベイマックスの作り方

2014年、年末に公開された「ベイマックス」をみなさんはご覧になりましたか?私は …

IMG_8245-0.JPG
スカイプを使って英会話レッスン!子どもの英語教育

子どもに英会話を習わせたいと思っている親御さん、多いですね。 わたしの周りでも、 …

image (48)
小学生の冬休み自由研究まとめ

楽しい楽しい長期休暇!しかし忘れてはいけないのが「宿題」です。特に「自由研究」は …

087351
おうちにあるものを活用!手作り入浴剤その2~野菜・ハーブ編~

前回は、フルーツを使ったお風呂についてお話ししました。今回は、「野菜」それから「 …

106bfa08bc9146d5597dc337e94edbc7_s
大人にも子供にも人気の工場見学へ行こう!2015

休日にどこに行こうか迷いますよね。私はいつも迷ってしまうんです。インターネットで …

IMG_8213-0.GIF
ゆきだるまの作り方 オラフを作ろう

寒くなり、天気予報で雪のマークを見る日も増えてきました。 我が家の子どもたちは「 …