top5google

生活に役立つキュレーションマガジン

土用の丑の日の意味とは?2015年はいつ?外国産うなぎのおいしい食べ方とは

   

夏といえば、蝉の声・海・プール・キャンプ……様々なことを連想しますよね。中には、「夏といえば夏バテ」という方もいるのでは?年をとってから、私は「夏バテ」を連想するようになりました。そんな夏バテを吹き飛ばすために、「土用の丑の日にウナギを食べる」という習慣がありますね。なんとも魅力的!

今回は、「土用の丑の日の意味や外国産ウナギの食べ方」についてお話ししていこうと思います。

Sponsored Links

土用の丑の日の意味とは?

0c9436659c3270e3a88ce355ecc28eeb_s

土用の丑の日」の意味をご存知ですか?簡単にご説明しますね。

まず、昔の暦には、二十四節気・五節句、それから雑節という暦日がありました。細かく設けることで、季節の移り変わりを的確に表していたのです。その雑節の一つに、「土用」があります。「土用」は四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前の約18日間ずつあります。土用の18日間のうちの十二支が「丑」の日のことを、「土用の丑の日」と呼びます。つまり、「土用の丑の日」は一般的な夏の丑の日だけではないということですね!でも、現在では「土用の丑の日」といえば、夏の土用の丑の日を指すようになっています。

 

2015年の土用の丑の日はいつ?

125622年によっては、夏の丑の日は2日あることがあります。2日ある場合は、「一の丑」「二の丑」といいます。さて、2015年の土用の丑の日は……

一の丑……7月24日

二の丑……8月5日

2015年は丑の日が2日あるのですね!なんだか嬉しい!

安いけど大丈夫?外国産うなぎの美味しい食べ方とは?

「土用の丑の日」といえば、「ウナギ」です。江戸時代に発明家の「平賀源内」が発案したと言われています。でも、それ以前の万葉のころから夏にうなぎを食べる習慣はあったようです。

それにしても、国産ウナギの値段は高いですよね。家族全員分を買うと、大きな買い物になってしまうことも……。そこで、注目したいのが「外国産ウナギ」です。値段がグッと安くなるんですよね。「でも、外国産はやっぱり美味しくないのでは?」と思う方も多いと思います。そこで、今回は外国産ウナギをおいしく食べる方法をご紹介します。(パックで買ってきたウナギを想定しています)

手順①パックからウナギを取りだし、熱湯でタレを落とします。

手順②タレを落としたら水気を切り、酒大さじ1を振りかけます。

手順③油を薄く塗ったアルミホイルにウナギを包み、魚焼きグリルで4~5分焼きます。

これに市販のウナギのタレをかければ、ふっくら美味しいウナギに変身です!このひと手間によって、外国産ウナギでも美味しくいただくことができるのです。おすすめです!

 

いかがでしたでしょうか?ウナギをたくさん食べて、暑い夏を乗り切っていきましょう!

 

 - 土用の丑の日 ,

Sponsored Links

  関連記事

関連記事はありませんでした